ホーム > ソリューション > 本文

リバースエンジニアリング開発の方向性と主要技術

Jul 20, 2017

ジオメトリックモデリングは、 リバースエンジニアリングのプロセスにおける主要なリンクであり、リバースエンジニアリングジオメトリの自動化を強化し、汎用性はリバースエンジニアリングの研究における重要なポイントです。 リバースエンジニアリングジオメトリモデリングオートメーションシステムのこの種の設計インテントモデリングの特性を反映している、B - repモデルの出力は、既存の商用CADシステムと完全に互換性があります。 システムの重要な技術は、自由形式の表面平滑接続の特性の自動抽出である。

システムの統合を改善し、いくつかのことはCADモデルには必要ではなく、CMMと直接組み合わされたデジタルシステムを必要とする製品を製造するのに最も速い。 さらに、射出成形の設計などのいくつかの製品は、CAE解析を何度も必要とするため、CAEモデルはデータポイントによって直接作成され、製品の設計および解析プロセスを大幅に改善できます。

微信图片_20170720090209.jpg微信图片_20170720090202.jpg

CMMは、 接触測定 接触測定の 2種類に分類することができます。 サンプルとのプローブセンサー接触による測定方法の接触とサンプルの表面上の座標の記録。これはいくつかのトリガータイプと連続タイプのデータ収集方法に細分することができます。 航空宇宙産業、自動車産業およびその他の産業では、一般に、精度要件を満たすために、大きなサンプルの接触測定を選択することができます。 トリガータイプの測定では、大きな曲率や急な曲率の領域ではより多くの点を取得したり、平坦領域ではより少ない点を取得するなど、接触点を人為的に計画することができます。 モデリング手法と組み合わせることで、データポイントは、モデル再構築ソフトウェアが必要とするフォームを要件に応じて編成することができます。 次に、人工的な特性線と曲線グリッドに基づいてCADモデルを再構築します。これにより、データ処理の難しさと作業負荷が軽減されます。 この方法の唯一の欠点は非効率です。


ご不明な点がございましたら、お知らせください。

Eメール: overseas@cmm-nano.com