ホーム > ソリューション > 本文

より正確に測定する方法(II)

Jul 03, 2017

1.正確な座標系を設定する

座標系3-2-1の方法では、座標系を手動で確立することが初めてであるが、オペレータの手動誤差は追加し易い。 したがって、手動で座標系を設定した後、自動測定モード(DCC)を採用し、座標のベースライン特性を測定し、新しい座標系を再度設定することをお勧めします。

2.適切な測定と評価方法を選択する

測定方法の問題は、繰り返し精度と測定精度の最大の理由です。 通常は、最大フィーチャ原理を使用してフィーチャ全体の最大面積に均一に分布する測定点の分布を測定します。 しかし、コンポーネントの特殊性のために、この要件が満たされない場合、測定結果は大きな誤差を有するか、または再現性が悪くなります。 例えば、我々が1/4円または円弧未満を測定する場合、 ベースの一端のシリンダの同軸度または脈動を測定し、 矩形平面の垂直性または平行性を測定する。 切頭円錐の直径などを測定する。 これらの要素の場合、単純な測定方法で単純に測定した場合、結果は特に劣悪なものになり、再現性は良くありません。 これらの特定の状況に合致するとき、特定の分析を考慮する必要があります。これらの状況に合致して、特定のケースでは、より良い測定結果を得るための特定の分析があります。